車を持たない生活のチャイルドシート事情

こんにちは。
秋に第一子の出産を控えております
エアバギースタッフの石川です。

出産に向けてベビーグッズを少しずつ買いはじめたのですが、
チャイルドシートはどうしよう…?という問題にぶつかりました。
というのも、わが家は車を所有しておらず、
必要な時だけレンタカーを利用していたため、
正直に言うとチャイルドシートは必要ないかな?と思っていたのです。

そこで、車を持たない先輩ママスタッフに話を聞くと、
お出かけの時に実家の車やお友達の車に乗せてもらうなど、意外とチャイルドシートを使用する機会が多かったから用意しておいた方がいいよ!
とアドバイスをもらいました。
悩んだ結果、わが家では新生児から約15ヶ月ごろまで使用可能な『ベビーシート』タイプのチャイルドシートを選ぶことにしました。

ベビーシートは使える時期は短めですが、メリットがたくさんありますので、選んだ理由をご紹介致します☺️

1、赤ちゃんを起こさず、乗せたまま運べる。

ベビーシートには、持ち運び用のキャリングハンドルが付いているので、クーハンのように赤ちゃんを乗せたまま運ぶことができます。

車の中でねんねしている赤ちゃんを車から降ろそうと抱き上げたら、起きて泣いてしまった…
なんてことも。

持ち運び可能なベビーシートなら、赤ちゃんを起こさず、車からお家へ移動する事ができて便利ですよ。

2、バウンサーやローチェアに変身できる。

ベビーシートは本体の底面が緩やかにカーブしているため、バウンサーのようにユラユラ揺らして赤ちゃんをあやす事ができます。
更に、キャリングハンドルをシート背面側へ倒すとシートが固定され、
ローチェアとしてもご使用可能な優れもの。

お出かけする時はチャイルドシート、お家ではバウンサーやローチェアとして使えるのが、ベビーシートを選んだ1番の理由です!

3、対応するベビーカーへドッキングすることができる!

マキシコシのベビーシート対応のベビーカーにベビーシートをドッキングすると、
対面式ハイシートベビーカーに大変身!
赤ちゃんとの距離がグッと近くなるので、安心ですよね。
ちなみにわが家では、エアバギーにマキシコシをドッキングして使用する予定です。

※ベビーカーにベビーシートを取り付ける際は、専用アダプターをご用意ください。
※ベビーカーへのお取り付けの可否に関しましては機種によって異なるため、
あらかじめベビーカーメーカー様にお問い合わせくださいませ。

下記はベビーシートを利用したママと赤ちゃんの1日を紹介した動画です。
ベビーシートを利用した生活がイメージしやすくなると思いますので、ぜひご覧くださいませ。

【ママと赤ちゃんの1日のおでかけ〜車編:チャイルドシート&ベビーカー〜】
https://youtu.be/0OBn_qOOSmc

同じ環境の皆様に少しでも参考になりましたら幸いです!

このブログを書いた人
Close Menu