チャイルドシートは何歳まで使うべきなの?

こんにちは。
直営店スタッフです。

今回はお客様にもよくご質問いただきます
「チャイルドシートは何歳まで使うべきか?」
についてご説明していきたいと思います。

チャイルドシートは道路交通法によって6歳未満のお子様への着用義務があります。
違反した場合には、交通違反点数が1点加点されます。
※罰則金は今のところありません。

では、6歳になったら使わなくてもいいのか?

法律で定められた着用義務だけを考えたら、そうかもしれません。

しかし、6歳以降もお子様の安全の為に使用した方が絶対に良い です。

その理由は、 シートベルトが正しい位置に掛からないからです。

6歳以降はシートベルトの着用義務があります!

チャイルドシートの着用義務がなくなっても、

自動車のシートベルトを正しく着用するために必要な身長は、140㎝~150㎝必要 です。

6歳児の平均身長は【115㎝前後】
と言われています。

直接シートベルトを掛けるには、全然身長が足りません。


身長115㎝の子供にチャイルドシート(ジュニアシート)を使用せず、自動車のシートに座らせてシートベルトを掛けるとどうなるか。





シートベルトが首に掛かり、骨盤を抑えるべき腰のベルトがお腹の上に掛かかります。

この状態で、万一衝突事故に遭った場合、非常に危険です。

・首に当たったシートベルトで頸動脈を損傷するリスク
・ベルトでお腹を圧迫し、内臓を損傷するリスク



と、お子様の命に関わる重症を負う可能性が非常に高くなります。

実際に不適格な体格にシートベルトを掛けたことにより、毎年死傷者が出ています。

安全装置であるシートベルトも不適格な体格だと凶器になってしまいます。
かといって、シートベルトを掛けないと、万一の事故の際に車外に放り出されてしまいます。

6歳を過ぎたお子様にも正しい位置にシートベルトを掛ける必要があります。

ジュニアシートは、身長の足りないお子様でも、シートベルトを適切な位置に掛けるという大切な役割があります。
※シートベルトは、鎖骨の中央・胸骨・肋骨・骨盤(大腿骨)と骨の上にかけるのが重要です。

ヨーロッパではほとんどの国が12歳、身長135㎝~150㎝までチャイルドシートの着用を義務付けています。

6歳になったからといって、チャイルドシート(ジュニアシート)の使用はやめずに、年齢関わらずシートベルトが正しい位置にかかる体格(身長140㎝~150㎝)になるまで、お子様の安全のために使ってあげてください。

このブログを書いた人