ハーネスってどれぐらい締めればいいの?

こんにちは。
エアバギー直営店スタッフです。

今回はチャイルドシートに乗せた後にお子様を拘束する
ハーネス(ベルト)の締め具合についてです。

突然ですが、お子様をチャイルドシートに乗せてハーネスを正しく装着できていますか?

お車自体への取り付けはISOFIXの普及により誤装着が、年々減少傾向にありますが、
お子様をチャイルドシートへ正しく座らせて使用できている割合は
【約42.2%】と半分以上の方は【正しく座らせて使用が出来ていない】
という結果になっています。
※警察庁/日本自動車連盟(JAF)が合同で行った
チャイルドシート使用状況全国調査2019年より

この誤った座らせ方の半分以上が【ハーネスの締め付け不適正】によるものなんです。
ハーネスの締め付けが不適正の状態の一例です。

ハーネスがきちんと肩にかかっていなかったり、肩と腰の部分のベルトもゆるゆるです。
これでは、万が一の際に車外放出や前の座席との衝突の可能性もあり、非常に危険です。

それでは次に、正しく装着した状態です。

肩部分・腰部分ともに緩みもなく、両肩の適切な位置にハーネスの装着が出来ています。

正しく装着するためのポイントは、
【肩部分と腰部分のハーネスをしっかり締めこむこと】です。

お子様を乗せ、ハーネスに腕を通し、バックルをとめた後に
まず腰の部分のベルトを締めこみます。

バックルの上のハーネスを引きます。

そして最後に肩部分のハーネスを締めこみます。

両肩の上にハーネスを通して、胸の前に大人の指が
1本入る程度が正しい締め具合となります。

チャイルドシートの安全性を発揮する為には、
お車への正しい取り付けとお子様を正しく拘束する事が不可欠です。
また、普段お子様に装着しているハーネスが適切に
締め付け出来ているか、毎回確認する事も非常に大切です。

万が一の事故からお子様を守る為
チャイルドシートを正しく装着するだけではなく、正しく使用しましょう。

このブログを書いた人
Close Menu