長時間のお出かけ時に気を付けるポイント

年の瀬も迫り、お車で移動する機会が多い時期になりました。
初めて赤ちゃんとの長距離ドライブを計画している方も多いのではないでしょうか?
今回はそんな時に気を付けるポイントを3点ご案内いたします。


その1【こまめな休憩をとりましょう!】

赤ちゃんは免疫力が弱く、体力も少ないので、長時間のドライブは注意が必要です。

大人でもずっと同じ体勢だとツラくなりますよね。
赤ちゃんにとっても同じで、長時間のドライブは予想以上に身体への負担がかかるので、
少なくても一時間に一回は休憩を取るようにしてください。

時間がかかっても、高速道路のサービスエリアなど、休憩ができるところは出来るだけ利用してみてくださいね。
事前にベビー休憩室のあるサービスエリアをチェックしておくもオススメです♪


その2【時間に余裕を持って行動を】

赤ちゃんとのお出かけは予想以上に時間がかかるもの。急な体調の変化もあるかもしれません。

渋滞に巻き込まれたり、時間に追われていると気持ちに余裕がなくなり、いつの間にかスピードを出し過ぎてしまうなど、事故に繋がる可能性があります。
時間にゆとりを持って安全運転を心がけましょう。


その3【長距離ドライブのオススメグッズ】

運転中は後ろ向きに乗せている赤ちゃんの様子が気になっても、後ろを振り返って確認することはできないですよね。
長時間のドライブではなおさら気になるものです。

そんな時はバックシートカーミラーがおススメです!
シートのヘッドレストに装着して、あらかじめ
赤ちゃんと目を合わせられる角度に設定しておくことで、
停車時などにバックミラー越しで視線を合わせてあげることができます。


また、奥の手として新しいおもちゃを用意するのも効果的です。
安全の為に、固い素材で出来たものは避け、柔らかい素材で出来たものが〇。
音が鳴ったりするのものもいいでしょう。
赤ちゃんの好奇心を刺激して退屈を紛らわせることができますよ!


事前対策をして長距離ドライブを楽しんでみてくださいね。

このブログを書いた人