回転式チャイルドシートを選ぶ際のポイント

皆様こんにちは。
マキシコシ直営店「チャイルドシートラボ」 スタッフです。
「チャイルドシートラボ」では、インスタグラムやYouTubeにてチャイルドシートに関するお役立ち情報を日々更新しています☺

◆インスタグラム
https://www.instagram.com/childseat_lab/
◆YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCWnRMIIuJrkO21uLe7l-JSg

今回はその中から好評だった記事をこちらのブログでもご紹介いたします。


今日は、数ある回転式チャイルドシートの中から、使いやすさと快適さに欠かせない重要なポイントをご説明いたします。


当店がオススメする「こうあって欲しい」というポイントは3つあります。

①低重心シート(シート位置が低い)

②ベルト(ハーネス)が長い

③前後どちら向きでもリクライニングが出来ること




①低重心シートは、お子様を座らせる座面の位置が低いので、SUVなど座席位置の高いお車でもお子様を持ち上げる高さを抑えることが出来ます。

1歳半にもなれば、体重12㎏前後のお子様を持ち上げなければいけなくなるので、高さを抑えることは、力の弱いママさんにとっても、非常に重要です。
また、天井の低いお車などでも、圧迫感が少なく、乗せおろしの為のスペースを広く取れることが大きなメリットになります。


②ハーネスは、お子様の乗せおろしのたび、パパやママが毎回調節してあげなければならない、操作頻度の高いところ。

ハーネスの長さに余裕があれば、ちょっと嫌がって暴れているお子様や、身体が大きくなったお子様にもスムーズにハーネスを掛けてあげることが出来ます。
毎回の乗せおろしのストレスを軽減するためにはとっても重要です。



③前後どちら向きでも調整できるリクライニングは、「お子様を嫌がらずにのせるため」にもとっても重要なんです。



新生児期、特に退院から首すわり頃までは、極力寝かせてあげたいですよね?
ただ、お子様は成長していくにつれ、寝かせた角度を嫌がるようになってきます。
目が覚めているときには、身体を起こして周りを見たがる好奇心が芽生えてきます。

そんな時には角度を起こして「座る」姿勢にしてあげれば、お子様は嫌がらなくなることもあります。

腰が座ってからは、目が覚めているときにはリクライニングの角度を立てて、眠ってしまった時には、寝かせてあげる。

角度を起こせること、実は結構重要なことなんです。


マキシコシでは、この3ポイントを押さえた製品をいくつかご用意しております。
【ラインナップ】
https://www.maxicosi.jp/product/baby/


当店「チャイルドシートラボ」はもちろん、全国各地にございますマキシコシ直営店では、お車でご来店いただけますと、お車へのご試着も可能です。
【直営店一覧】
https://www.maxicosi.jp/store/retail/
回転式チャイルドシートをご検討されているお客様はぜひご検討ください。

ご来店が難しいお客様にはお電話やメールでのお問い合わせ、ZOOMでのご説明を承っております。
お気軽にお問い合わせください。
皆様のご来店を、心よりお待ちしております。


<店舗情報>
CHILD SEAT LAB
151-0063 東京都東京都渋谷区富ケ谷1-16-3富ヶ谷ハイツ101
電話番号 03-6407-9557
https://www.childseatlab.com/

<直営店一覧>
https://www.maxicosi.jp/store/retail/

このブログを書いた人