チャイルドシートは何歳まで使うべきなの?

皆様こんにちは。マキシコシ直営店「チャイルドシートラボ」スタッフです。

「チャイルドシートラボ」では、インスタグラムにてチャイルドシートに関する
お役立ち情報を日々更新しています。

インスタグラムはこちら→https://www.instagram.com/childseat_lab/

今回はその中から好評だった記事をこちらのブログでもご紹介させていただきます。

「チャイルドシートは何歳まで使うべきなの?」
「いくつまでチャイルドシートを着けなければいけないのか」

と言うご質問を、ご来店されたお客様からよくいただきます。

着用義務はいつまでかというと、
法律上では【6歳になるまで】です。

しかし実は、チャイルドシート以外にももう一つ義務化されたものがあります。

それはシートベルトの全席着用義務です。

シートベルトは、一般的に身長140㎝以上の体格を想定して設計されているので、
6歳になったからといって、シートベルトが正しく掛けられる体格にはなっているとは限りません。
身長の低いお子様にそのままシートベルトを掛けると、首とお腹にベルトが掛かり、
万一の事故に遭うと首の血管を切ってしまったり、お腹にベルトが食い込んで内臓を損傷してしまい、大変危険です。

個人差や車種にもよりますが、お子様の身長が140㎝、年齢10~12歳になるまでは、チャイルドシート(ジュニアシート)を使用された方が間違いなく、お子様にとって安全です。

「法律ではもう着けなくてもいい」ですが、「安全のために着けたほうがいい」ものなんです!!

チャイルドシートが役に立つ状況というのは、事故があった時です。
本当はそのような状況が発生しないことが何より一番の事ですが、交通事故はいつ、何が原因で起こるか分かりません。
正しくご使用して、お子様の安全を守りましょう。

これから、暖かくなりお出かけされる機会も増えてくるかと思いますが、お気をつけてお出かけくださいませ。


<店舗情報>
CHILD SEAT LAB
151-0063 東京都東京都渋谷区富ケ谷1-16-3富ヶ谷ハイツ101
営業時間 11:00〜19:00 (水曜日定休)
電話番号 03-6407-9557
https://www.childseatlab.com/

このブログを書いた人