新米パパママの疑問に答えます「ベビートラベルシステムって?」

チャイルドシートといえば、車に常設しておくものをイメージされる事が多いと思いますが、赤ちゃんを乗せたまま移動する
『ベビートラベルシステム』というものがあるのはご存知でしょうか?

これは生後15ヶ月頃(1歳3か月頃)まで使える、乳児専用ベビーシートを中心としたお出かけスタイルのことです。

車からおうちの中へ、また対応のベビーカーにそのままドッキングしたり。
赤ちゃんを起こさずにそのまま移動できる事が最大の魅力です。

移動の間も赤ちゃんがずっと寝てくれる魔法のベビーシート

お出かけから家に戻って、チャイルドシートやベビーカーから降ろす時に赤ちゃんを起こしてしまうというシチュエーション・・・
パパママにとってはなるべく避けたいことですよね。

もう一度寝かしつけるために抱っこしてあやしたり、ミルクをあげて泣きやませたり、ママが一休みする暇がなくなってしまう事もしばしば。

そんな時ベビートラベルシステムなら、赤ちゃんを起こす事なく眠ったまま運べるから、お出かけから帰ってきた時、ママがホッと一息つく時間が取れるのも一つの魅力です。

ベビートラベルシステムの実力はその他にも

乳児用ベビーシートは『バウンサー』としても機能するので、日々の赤ちゃんの寝かしつけにも大活躍。

パパが帰ってくる前に、ママもお風呂に入りたいけど、赤ちゃんが気になって落ち着いてお風呂に入れない。そんな時には、ベビーシートに乗せたまま脱衣スペースまで連れていくこともできます。

赤ちゃんが泣いてしまっても、すぐ近くにいる安心感は何にも代えがたいですね。



また、おでかけ先で赤ちゃんの場所を常に確保できるのも魅力の1つ。

親戚やお友達のお宅、また外食先などにも赤ちゃんを乗せたまま連れて行けるので赤ちゃんを寝かせる場所を考える必要もありません。

「赤ちゃんを乗せたままじゃ重くない?」
確かに重さはあります。しかし、ベビートラベルシステムにはその重さ以上の数多くのメリットがあります。

使用期間は短いけれど、赤ちゃんのお世話で一番手のかかる時期をサポートし、ママと赤ちゃんのお出かけを楽しい時間に変えてくれる、それがベビートラベルシステムです。

赤ちゃんとのお出かけスタイルの1つとして検討されてはいかがでしょうか?



このブログを書いた人

販売店や自動車部品関連メーカーなど15年に渡りチャイルドシート一筋に勤め、国内外合わせて20台以上のチャイルドシートを家庭で使っていた経歴をもつ自他ともに認める「チャイルドシートマニア」です。自らの経験とノウハウを生かして皆さまに役立つ記事を投稿していきますのでヨロシクお願いします!

Close Menu