いつでも清潔!チャイルドシートのお手入れ方法

こんにちは。エアバギースタッフの増田です。

菌やウィルスが気になるこの頃、子供に触れるものはいつも清潔にしておきたいですよね。
チャイルドシートは、よだれや汗・どろ汚れ・食べこぼしなどで意外と汚れやすいものです。
そこで今回は、チャイルドシートのお手入れ方法についてお伝え出来ればと思います。

現在販売されているマキシコシのチャイルドシートは全て、カバーを取り外してお洗濯が可能です!
(※お持ちの機種の取扱説明書をご確認ください。)
ちょっと面倒くさそう!と思うかもしれませんが、先日実際に愛用していたぺブルプラスをお手入れしてみたところ、意外と簡単!
スッキリしていい気分になりました♪

①まずは新生児用サポートを外します。(ついている場合のみ)

②サンキャノピーのフックを外して、シートカバーをはがしていきます。

③シートの上の部分をはがしたら、腰ベルトフックにひっかけてあるゴム部分を外して、すべてのシートをはがします。

④肩ベルトパッドを外します。上方向(黄色い矢印)にぐっと持ち上げると簡単に外れます。

⑤サンキャノピーをフックから外します。

⑥お洗濯が可能なすべてのパーツが外れました!

⑦外したパーツ(シートカバー・肩パッド・サンキャノピー・新生児用サポート
)は全てネットに入れて30度以下の水温で、洗濯機(※弱水流モードや手洗いモード)でお洗濯ができます。

※乾燥機はかけられません。

⑧次は本体のお掃除です。ベルトの隙間などに落ちている、食べかすや砂などを掃除機で吸い取りました。

⑨本体やハーネス(ベルト部分)など外れない部分は、
水か、中性洗剤を薄めた水を含ませて、固く絞った雑巾で拭いていきます。

⑩気になるところを拭いて汚れを落としたら、必ず乾いた布で水気を拭きとります。これでお掃除はおしまいです!!

⑪最後に、外したパーツが乾いていることを確認してから、元のあった部分に必ず戻します。※パーツが足りないと、安全にご使用いただけません。

ちなみに、よだれやミルクなどで汚れやすい肩パッドは、気になったらそこだけ外して、よく部分洗いをしていました。

ここまでお読みいただいて、「うーん、やっぱり面倒くさそう!」と思った方には…

本体にさっとかぶせるだけ!日本製のカバーも別売りでご用意しています。
エアバギー直営店や販売店のほか、エアバギー公式楽天ストアでもご購入いただけます。

●ぺブルシリーズ・パールシリーズ・ロディフィックスのカバーはこちら>
https://item.rakuten.co.jp/gmp/abjp0002/
●アクシスフィックスのカバーはこちら>
https://item.rakuten.co.jp/gmp/abjp0012/
●トビのカバーはこちら>
https://item.rakuten.co.jp/gmp/qny7370/
●コアプロアイサイズのカバーはこちら>
https://item.rakuten.co.jp/gmp/qny8479790110/
※タイタンプロのカバーは現在ご用意がございません。

このカバーさえかけておけば、シートを外さなくても気になった時にさっとお洗濯ができて便利ですね。
私も使用していたので本体はあまり汚れていなかったです。

他機種のお手入れはマキシコシ日本公式Youtubeにて動画を公開中です!
(※最新の機種は動画が無い場合がございます。)

▼2way Pearl
2wayPearl(お手入れ・シートの着脱方法)[幼児用カーシート]


▼ Axxis Fix
AxissFix(お手入れ・シートの着脱方法)[乳幼児用カーシート]


▼ Rodi Fix
RodiFix(お手入れ・シートの着脱方法)[児童用カーシート]


▼ Tobi
Tobi(お手入れ・シートの着脱方法)[幼児用カーシート]


それでは、チャイルドシートをきれいにして、快適なドライブをお楽しみください。

このブログを書いた人
Close Menu